ワセリン

仕上がりにだまされないで!

湿疹かぶれができた時に保湿クリームを塗ると、以前よりも明らかに悪化した経験はありませんか?
市販されている保湿クリームの成分を確認してみると、決して体には良い影響を与えないと思われる成分がたくさん含まれているのがわかります。
例えばハンドクリームに使用されている成分表示を確認してみるとシリコンやポリマーなどが配合されている商品がたくさんあります。
シリコンやポリマーが配合されていれば、確かに塗った時はスベスベした仕上がりになりますが、洗い流すとあっという間にカサカサします。
合成添加物を配合してとても良い仕上がりに見せかけているだけで、実際には湿疹かぶれを改善するために必要な潤いを補給しているわけではない商品があまりにも多いです。
何度も繰り返して使用し続けていると、いつのまにか湿疹かぶれが悪化してしまう可能性も否定できません。

失われかけているお肌の潤いを保護するためには、油分で膜を作って守らなければいけません。
そこで最も効果的なのが、ワセリンです。

参考:【使ってはダメ!】乾燥肌にハンドクリーム

コストパフォーマンスがとても良い!

ワセリンの大きな魅力はコストパフォーマンスの良さです。
原材料として活用されているのは石油で、精製されて出来たのがワセリンです。
石油から作られるなんて本当に大丈夫なの?との声も多く聞かれますが、石油の原材料ははるか昔の生物が積み重なったものとされているため天然資源であることは間違いなく、言わば天然由来成分とも言えます。
石油から作られる製品はたくさんあり、毒性が指摘されているものが存在しているのは事実ですが、ワセリンは厳格な精製基準によって製品化されているため、過剰に心配する必要はありません。
むしろ、安全性が高い保湿剤として様々な医薬品の基剤として活用されています。
赤ちゃんの肌にも安心して使える保湿剤としても活用できます。
何よりも一番嬉しいのが、コストパフォーマンスがとても良い点です。
ハンドクリームを購入するよりも安くて、様々な活用法があるので季節を問わずに大活躍します。

湿疹かぶれの部分を保護するためにワセリンを塗っていると、外の刺激から肌を守ることができるので早い段階で回復しやすいメリットがあります。
他にもカサカサして荒れている唇やほんの少し傷つけてしまった部分に塗っておけば絆創膏代わりとして活用できます。
乾燥している部分に塗っておけば肌荒れ予防にも役立ちます。
アイデア次第で様々な活用法があるので、常備しておくと重宝します。