清潔

常にキレイな状態を

湿疹かぶれを防ぐためには、常に清潔な状態を維持するように心がけておきましょう。
本来であれば皮膚にはバリア機能が備わっているため、何らかの刺激を受けてもダメージを受けずにやり過ごせるものですが、皮膚が不潔な状態にあるとバイ菌に対して過剰に反応するため、湿疹かぶれという形で炎症を引き起こしたり、猛烈なかゆみを感じたりします。
湿疹かぶれを防ぐためにも、常に清潔な状態を心がけたいものです。
不快な症状が続く場合は、自己判断はしないで早めに皮膚科医にご相談ください。

参考:かぶれ

赤ちゃんは要注意!

体が成熟しきっていない赤ちゃんは、大人と比べると皮膚がとても弱いものです。
赤ちゃんの皮膚は大人の約半分ほどの厚さしかないと言われており、とても敏感な状態になっているため注意が必要です。
おむつの中で便や尿を排出してしまうため、皮膚に触れた部分はすぐにかぶれやすくなります。
おむつの中は汗で蒸れやすい環境にあり、便に含まれる腸内細菌の影響や、尿のアンモニア成分の刺激に負けやすくなっています。
赤ちゃんが排泄をするとたちまち不機嫌になるのは、皮膚のかぶれが不快でたまらないからだと考えられます。
速やかに清潔にしてあげる必要がありますが、既にかぶれが生じて拭き取ろうとするだけでも大泣きするほどの場合は、炎症を引き起こすほどダメージを受けている可能性があります。
ぬるま湯で優しく洗い流してからしっかり乾かすようにすると良いです。
小児科や市販されている薬を塗布すると早く治りやすいです。

あせもは子供だけでなく大人も注意

夏になるとじっとしているだけでも大量に汗が吹き出るほど気温と湿度が高くて不快な思いをするものです。
汗かきの子供はすぐにあせもができやすく、かぶれやすいためこまめに汗を拭き取るようにしなければいけません。
大人も子供と同じようにあせもができやすいものですが、他の原因で皮膚の異常が起こっている可能性もあります。
あせもは汗管が炎症を引き起こすものですが、皮膚の常在菌が原因になって大増殖して炎症を引き起こす可能性もあります。
余分な皮脂をキレイにしないまま過ごしているため、通常は問題がない常在菌が繁殖して皮膚トラブルを起こしてしまいます。
汗をたくさんかく季節はしっかり拭き取るように心がけ、帰宅してからはきちんとシャワーを浴びて、体も石鹸をつけて余分な皮脂を洗い流しましょう。
常に清潔な状態を維持できるように、外出時にはタオルを持ち歩くと良いでしょう。