アルコール

湿疹や皮膚トラブルの予防と改善には、アルコールなどの刺激物を避けることも大切です。
アルコールは、好きな方は毎日飲まないといられない、という方も多く、たくさんアルコールを飲まれる方は、毎日500mlの缶ビールを6本飲んでしまうという強者もいらっしゃるのだとか。
けれどそれは皮膚トラブルにはとてもよくないことですので、できるだけ節酒を心がけ、週に2日は休肝日を設けましょう。

お酒を飲むと、摂取したアルコールを分解するために肝臓がたくさん働きます。
肝臓は体内の毒素を分解する役目をしていて、脂肪の分解なども肝臓が行います。ダイエットをしたい方は、肝臓の働きをよくすることで、その効率が上がるといわれています。
あまり多量のお酒を飲んでしまうと、大量のアルコールを分泌するために、そのほかの体内の毒素をろ過するのが間に合わなくなってしまうのです。
そのため、ほかの毒素がどんどん体内に溜まってしまい、皮膚のトラブルも一向に改善されないというわけです。

また、肝臓はあまりにその機能が低下してしまうと、腕に湿疹のようなものができてしまうことがあります。
肝臓が悪いがために、新たな湿疹も引き起こしてしまうのですね。こういったことを防ぐためにも、アルコールの摂り過ぎには注意が必要です。

お酒を飲む方は、休肝日を設ける必要があると昔からいわれていますね。
この休肝日は、一部では週に1日設ければよいといわれていますが、理想は週に2日だともいわれています。そして、週に2日休肝日を設けるときは、飛び石でも受けるのではなく、連続で設けたほうがよいのだとか。

毎日お酒を飲まれる方は、日頃から肝臓にかなりの負担がかかっていますので、一度4日くらい禁酒してみてください。
すると、毎朝かなり寝起きがだるかったのがスッキリと起きられるようになったり、体が軽く、フットワーク軽く動くことができるようになったりするのを実感できるかと思います。
それほど、アルコールは肝機能に負担をかけているということ。やはりできるだけ禁酒するか、晩酌はワイン1杯、ビール大瓶1本程度に留めておいたほうがよいようです。

アルコール以外にも、激辛食材などを控えることで、肌トラブルの回復が早まるなどの効果が期待できます。
好きな方は、我慢するのがなかなか大変かもしれませんが、一度その効果を実感できると、我慢も苦にならないかと思いますので、まずは4日間、アルコールや辛い食べ物、チョコレートなどの刺激物を控えてみませんか?