とびひ

とびひは、かゆいところをかきむしってしまうことで水疱ができ、その水疱が破裂した体液が、かきむしった手を介して伝染していってしまうものをいいます。
火事がどんどん広がっていくようにあっという間に感染していってしまうことから、このような名前がつけられました。

とびひの原因は、かきむしってしまった患部に細菌が繁殖することで起こります。
きっかけはさまざまで、虫さされだったりじんましんだったりといろいろです。そのため、ちょっとしたことが原因でとびひになってしまうので、日頃から注意をすることが必要になります。
このとびひは、小さなお子さんがかかることが非常に多いので、保護者の方は常に気を配ってあげることが大切です。

特に小さいお子さんは、虫さされの患部を必要以上にかいてしまうことがあり、それがとびひになって周りの子どもたちに伝染してしまうということが多いです。
保護者が虫さされの症状を早めに抑えられるよう処置したり、とびひになってしまったら、患部に絆創膏を貼るなどの対処をすることがとても大切。
保育園や幼稚園などの集団行動をする場では、あっという間にとびひは伝染し、周りのお子さんや保護者にも迷惑をかけることとなってしまいます。
とびひは、肌の抵抗力が少ない人ほど特に移りやすいので、アトピー性皮膚炎の方などは感染しやすいので注意しましょう。
風邪気味などで体内の抵抗力が落ちているときにも感染しやすいので気をつけて。

とびひになる原因は細菌なので、とびひになってしまったら、細菌を退治する外用薬や内服薬を用いて治療をします。
抗生物質が使用されることもありますし、かゆみを抑えるために抗アレルギー薬を処方されることもあります。
自宅での処置では完治までに時間がかかるので、とびひになったと思ったら、すみやかに皮膚科の診察を受けてください。

とびひにならないようにするためには、手洗いなどをきちんと行い、細菌や雑菌が皮膚に繁殖しないように気をつけることが一番の予防になります。
かゆいところをついかいてしまうのはどうしても防げないので、細菌が繁殖することを防ぐほうが得策です。
また鼻の中には細菌がたくさんいるといわれていますので、むやみに鼻の中をほじったりしない、鼻をほじった手で皮膚炎をかきむしらないといった注意が必要です。
小さいお子さんは鼻の粘膜が弱い子が多く、つい鼻をいじってしまうことが多いので、保護者の方が気をつけてみていてあげましょう。