しもやけ

しもやけは、皮膚が冷えてしまうことによって血行が悪くなり、痛みや痒みを伴う湿疹、腫れなどの症状が起こる皮膚炎です。
寒い地方や冬などに、しもやけになってしまう方が多いと思われます。

少し前から薄着ブームになってきたこともあり、冬でも肌の露出が大きかったり、手袋での防寒などを行うと、しもやけになってしまう確率が高くなります。
耳は基本的に防寒しない習慣ですが、こちらもしもやけになってしまう方が多い体のパーツだといえるでしょう。

また、露出している部分が冷えるだけでなく、血行が悪くなってしまうことが原因なので、サイズのきつい靴や窮屈なデザインの靴を履いていると、やはりしもやけが起こりやすくなります。
そのほか、防寒していても、水で濡れたりして冷たくなってしまった状態をそのままにしておくと、やはりその部分の皮膚が冷えて血行が悪くなり、しもやけになってしまうことも。

しもやけになってしまった場合の自宅での処置方法として、まず患部をぬるま湯煮付けて、血行をよくします。
熱いお湯につけてしまうと、症状が悪化してしまう場合がある上に、かゆみや痛みが強くなりますので、必ずぬるま湯を使用してください。
その後、市販のしもやけに効果のある軟膏をつけ、防寒を意識しながら過ごすことで、症状が軽減されていきます。
皮膚科での治療も、重度でなければ同様で、肌の血行をよくした後に、症状に応じた軟膏を処方されることが多いようです。
一般的にはヒルドイド軟膏やユベラNなどの薬が用いられています。
しもやけの症状は、ある程度進んでしまうと自宅での処置では完治が遅れてしまうことがあるようですので、症状がひどいと感じたときは、速やかに皮膚科での治療を受けることをおすすめします。

しもやけを予防するためには、まず防寒が第一です。
体が冷えやすい箇所をつくらないように、厚手の靴下をはいたり、手袋をしたり、イヤーマフなどをつけて皮膚が冷えないようにします。
また、冷えるだけでなく血行が悪くなってしまうことがしもやけの原因ですので、血行をよくする食事などを意識するのも効果的。
最近話題の生姜紅茶や、温かい飲み物を意識して節酒するようにして、血行促進を心がけましょう。
入浴においても、冬場は特にシャワーで済ませてしまうことがないように、できるだけ浴槽につかってしっかりと体を温めることも大切です。

しもやけは、ごく軽度の凍傷状態ですので、重度のしもやけになってしまうと、患部を切断しなければならないというケースもまれにあるようですので、そうならないように日頃からしもやけの予防には気をつけたいですね。