やけど

日常的に起こりやすいトラブル

湿疹かぶれ以外に日常生活で起こりやすい肌トラブルにやけどがあります。
天ぷらを揚げていると高温の油がはねて手にやけどを負ってしまったり、こたつの中でうっかり眠ってしまい低温やけどを負ったり、日焼けサロンでこんがり肌を焼こうと思ったら想像以上に肌に負担がかかってしまったりなど様々な要因でやけどのトラブルを引き起こす可能性があります。
やけどを負った部分の皮膚は適切な応急処置をしなければ痕が残る可能性が高いため、正しいケアを実践したいものです。

参考:やけどの応急処置

とにかくすぐに冷やす!

やけどを負った場合は一刻も早く流水で冷やしてください。
応急処置では冷やせば冷やすほど良いと言われていますが、だいたい5~10分くらいを目安に冷やすと良いです。
しっかり冷やさなければいけないと氷を使用する方もいますが、あまり冷えすぎると凍傷を引き起こす可能性があるため、水道水にしてください。
ほぼ全身に該当する広範囲のやけどを負っている場合には、全身を水で濡らした清潔なタオルで保護して可能な限り患部を冷やしながら一刻も早く病院に搬送できるように救急車を呼んでください。
服を着ている上から火傷を負った場合は絶対に服を脱がせてはいけません。
服と一緒に皮膚が剥がれてしまう可能性があるため、病院で処置を任せるようにしてください。

熱傷深度の違い

やけどの程度によって完治するまでの期間や傷跡が残る可能性が異なります。
皮膚の表面や角質層までが軽く火傷をした程度なら傷跡は残りません。
見た目は赤くなって充血したようで、その日はピリピリとした痛みを感じられる場合もありますが、しっかり応急処置をして冷やしていれば特に問題ありません。
2~3日あれば完治するので心配ありません。
皮膚の真皮まで達するとかなり重症です。
白く乾燥しているように見えて直視できないほど痛々しい印象を受けます。
本人は痛みを感じないほど深い部分までダメージを受けているため、完治するまでには1ヶ月以上の期間を要します。
真皮まで達した火傷については残念ながら痕が残ってしまいます。

熱傷の程度は自己判断が難しいものですが、数日経っても痛みが引かず、炎症を引き起こしていると思われる場合はそのまま放置しないでください。
民間療法を用いて自分で治そうとする方もいますが、熱傷が深いほど完治が難しくなるため、異常を感じた場合は速やかに皮膚科医などにご相談ください。
たかが火傷と侮らずに、適切な治療を早めに受けるように心がけましょう。