脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、体の中でも皮脂が分泌されやすい箇所から、必要以上の皮脂が分泌されてしまい、炎症などの肌トラブルを起こしてしむ病気です。

脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂が分泌されているところを掻いてしまうなどして刺激し、そこから炎症が起きて発症するケースが多いといわれています。
また、皮脂に対する対処方法について問題があると、この皮膚炎を起こしやすいです。

頭皮は皮脂が分泌されやすい部分になりますが、暑さの中洗髪を怠ったりすると頭皮がかゆくなり、ついかいてしまいますよね。。そのかいてしまった箇所が傷ついて炎症を起こしてしまうと、脂漏性皮膚炎につながります。
そのほか、同じく頭皮の場合、頭皮に皮脂が分泌されやすい方は、つい皮脂をしっかり取り除く刺激の強いシャンプーを使いがちです。
そういったシャンプーを使うと、一時的に皮脂は取り除かれますが、過剰に皮脂が取り除かれてしまうと、「皮脂をしっかり分泌しなければ」と体が働いてしまい、さらに多くの皮脂を分泌してしまいます。その結果、脂漏性皮膚炎にかかってしまうということも。

脂漏性皮膚炎は、ほかのアレルギー性皮膚炎と症状が似ているケースが多いため、正しい病名がわからないまま治療を続けて、まったく意味のない処置を長期間続け、症状がどんどん悪化してしまうというケースも少なくないようです。
発症初期に正しい処置をとれば、そこまで悪化するまえに症状を抑えることができますので、発症時のサインを見逃さないようにしましょう。

脂漏性皮膚炎は、ビタミンBの不足やホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれてきました。ニキビとなんとなく似ているような気がしますね。
こういったことも原因のひとつとして考えられますが、最近はそのほかに、「カビ」が脂漏性皮膚炎の原因だと考えられるようになりました。
カビといっても食べ物などに生えるカビとは違い、皮膚に誰しもが持っているカビの一種です。これが悪さをしてしまうと、脂漏性皮膚炎に繋がることがわかってきました。

脂漏性皮膚炎の初期症状としては、皮膚に普段考えにくいかゆみを覚えたり、頭皮の場合はフケが異常に増えるといったことが挙げられます。
これらの症状は、普段の生活にも起こりえるもので、「一時的なもの」と思って放置してしまいがちですが、気づいたときには手遅れ、ということになってしまわないように、異常を感じたらすぐに皮膚科の診察を受けることをおすすめします。
また皮膚科でもすぐに正しい診断を得られないケースもあるようですので、しばらく通院しても症状が改善されない場合は、セカンドオピニオンの検討も早めに視野に入れるとよいでしょう。