アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、肌が赤みがかり、かゆみを伴う湿疹が出る病気をいいます。

小さい頃から、アトピー性皮膚炎の人というのは、比較的身近にいらっしゃったのではないでしょうか。
すごく重度のアトピー性皮膚炎(以下アトピー)の人は少ないですが、ほとんどの人が、アトピーになる原因を持ち合わせていることが多く、いわゆる「アトピー気味」の人はかなり多いといわれています。

アトピーの方、アトピー気味の方は、なんらかのアレルギーを持っている方や、気管支喘息など、気管支系の病気を持っている方がかかりやすいです。喘息も一種のアレルギーなので、うなずけますね。

湿疹の出る場所は年齢によって異なり、子供の頃は頭部に湿疹ができる場合が多く、その他、年を重ねるにつれて肘や膝などにできることが多いです。
かゆいからといって掻いてしまうとさらに悪化してしまうので、我慢しなければならないのがとてもつらいのだとか。

皮膚が乾燥すると、湿疹ができやすくなるため、対処法としてはとにかく皮膚を保湿するのがカギ。
ステロイド軟膏を塗ることで、痒みや炎症を抑える治療法も積極的に用いられているようですが、ステロイドは皮膚がむくむなどの副作用が大きいことから、あまり利用したくないという患者さんも多いです。

そういった方は、自分なりに治療法をいろいろと調べながら、かかりつけの皮膚科医と相談しつつ、模索していらっしゃいます。
最近はなるべくケミカルな薬品を避けたいという方が多いため、あまりに症状がひどい場合、まずはステロイドで症状を抑え、その後無添加の保湿剤などを活用しながら症状を改善していく、という方法を用いている方が増えてきているようです。

アトピーの原因は、何をしたからなってしまう、というものではなく、生まれ持った体質が関係していることが多いです。
肌の乾燥が湿疹の原因となることは多々ありますが、乾燥が必ずしもアトピーに繋がるということではないので、生まれ持った要素が大きいと思われます。
そのため、完治が難しい皮膚病でもありますが、アレルゲンとなる食材を控えることや、肉類を控える、無農薬の有機野菜を摂るように心がけることなどで、症状が軽減されるといわれています。

アトピーについて、最近はいろいろな治療法が研究されているようですので、症状が重度ではないからと通院をしていない方も、一度病院で相談してみるとよいでしょう。
画期的な治療方法があるかもしれませんよ。