主な原因と種類

湿疹やかぶれといった症状は、人間の体に備わっている免疫力をコントロールする機能が、
必要以上に激しく働いてしまうことで、皮膚に炎症を起こしてしまうものになります。
これは、免疫の過剰反応という点で、アレルギー症状のひとつだといわれています。
ほかにも、皮膚が耐えきれないような刺激を受けることで、肌がかぶれてしまうといった症状もあり、
これは、アレルギー症状とは別物です。

このように、湿疹やかぶれにはさまざまな原因や種類がありますので、まずがご自身の症状が、どの種類に当てはまるかをきちんと理解してみましょう。
それが、より早い症状の改善へとつながっていきます。

ここでは、以下の湿疹やかぶれについて調べ、解説しています。

2011-09-12-9

一次刺激性接触皮膚炎

特にコスメなどで起きやすいと言われている湿疹やかぶれなどの症状です。

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギーによって起こる皮膚の湿疹や炎症などがこの症状に当たります。

アトピー性皮膚炎

症状に悩んでいる方も多い、アトピー性皮膚炎について解説しています。

脂漏性皮膚炎

急に発病する脂漏性皮膚炎について調べてみました。

自家感作成皮膚炎

自分で皮膚を掻いてしまうことによって起こる、自家感作性について触れています。

環境が原因となるもの

環境が原因となって起こる皮膚炎について考えてみましょう。

細菌感染症

最近が原因で起こる感染症について解説しています。