湿疹、かぶれとは

湿疹とは

湿疹とは、かゆみをともなう皮膚の炎症の総称です。

かゆみを伴うあかいブツブツが体の一部に現れることが多く、少なくとも数日から1週間以上、この症状が続きます。

皮膚に炎症が起こり水疱が出来てしまったり、かたくなって鱗のように剥がれ落ちたりすることもあります。

また、長期にわたって発生することもあります。

そして原因もさまざまです。

 

かぶれとは

かぶれは正式には「接触皮膚炎」と呼びます。

湿疹の中でも、外部からの刺激によることがはっきりしている場合をいいます。

そしてかぶれは大きく二つに分かれます。

原因物質の接触によって皮膚の炎症が起こる「一次刺激性接触皮膚炎」と、特定の物質にアレルギーを持っている人だけに起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。

例えばかぶれを引き起こす原因として

・ 金属などの刺激物の接触による場合

・ 皮膚表面がこすれたりする場合

・ 内服薬などによる体の内側から起こる場合

などがあります。

 

できやすい人とできにくい人がいる!?

湿疹、かぶれはできやすい人とできにくい人がいます。

これは、人によって皮膚の状態が異なるためです。

下記のような場合、湿疹やかぶれができやすくなります。

 

・ 多汗

汗は病原菌の増殖を防いでくれたり、さまざまな刺激から皮膚を守ってくれますが、汗の量が多すぎると、汗疹ができたり、湿疹やかぶれができやすくなります。

・ 皮脂分泌に異常がある

皮膚は皮脂膜をつくり、有害物質などから体を守ったり、体内の水分がなくなるのを防いでいます。

この皮脂の量が変化すると、湿疹、かぶれができやすくなります。

・ 水仕事が多い人

水仕事が多い人は手に湿疹ができやすくなります。(俗に言う手湿疹)

家事などで使う洗剤には、皮膚の水分や油分を奪う化学物質がたくさん含まれています。

アレルギー性の場合もありますが、皮膚本来が持っているバリア機能が洗剤の化学物質により低下し、皮膚が乾燥し、湿疹やかぶれができやすくなります。